NPO法人ジュニアゴルフ情報

NPOジュニアゴルフ情報
組織概要 活動内容 個人情報保護方針 ニュース リリース

マナ−、規則
ハンディキャップ
ゴルフクラブ用品
IAJGジュニアゴルフ大会
後援のゴルフ大会
NPOジュニアゴルフ情報
リンク

 Information About Junior Golf へようこそ!

ジュニアゴルフ情報は、2003年より活動を開始しました。

2009年に「NPOジュニアゴルフ情報」として法人化し、今日を迎えておりますことは、偏に皆様方のお力添えの賜と深く感謝申し上げます。

 老若男女が楽しめる国民スポーツのゴルフですが、23年度日本ゴルフ協会事業報告書によるとジュニア会員は15,019名とゴルファー人口に占める割合は非常に少ない現状です。大人のゴルフは、年々身近な存在となってきておりますが、ジュニアゴルファーにとってのプレー環境は、まだまだハードルが高く門戸も閉ざされ、大人のゴルフの様には確立されておりません。

1903年に日本で始めてのゴルフ場となる「神戸ゴルフ倶楽部」が開場して以来、110年以上の歴史がありますが、ゴルフ場が比較的遠方にあったり、大人の社交場として発展した為か、ジュニアゴルファーが育ちにくい環境でもありました。また会員制クラブが多く当然ながら大人の会員が優先で、ジュニアへの開放という概念がやや希薄であるなどが主な要因で、今日に至っております。

2009年に画期的なビッグニュースが世界に発信されました。それは、国際オリンピック委員会(IOC)に於いて、ゴルフ競技が2016年のオリンピック競技として正式種目として採用となり、ゴルフが改めてスポーツとして認識されたことです。また、当団体も側面からの応援をさせて頂いておりました「2020年東京オリンピック・パラリンピック招致活動」ですが、20139月に東京開催が正式決定されました。ゴルフ競技は、ジュニアゴルファー憧れの「霞ヶ関カンツリー倶楽部」で行われることも併せて発表されております。今後は、ゴルフが今以上に身近なスポーツになると考えられ、ジュニアゴルファーにとっても励みの一つになると思います。

ゴルフはフェアプレーの精神を尊び年令、性別に関わらず楽しめる国民スポーツであり、そして審判員がいない数少ない競技とも言えます。子供ひとりひとりがこの精神に則り、プレーを通じ、“自立心・協調性・責任感・忍耐力・決断力”といった能力を養うことができ、今後は学校教育にも是非取り入れて頂ければとも考えております。

ジュニアゴルファーの育成を通じて、ルールやマナー、エチケットの素晴らしさを伝え、子供達が立派な大人に成長することを願い、健全な人格形成と体力の向上を図り、ゴルフの普及・理解・活性化、それを取り巻く社会・環境改善等にも積極的に取り組みたいと考えております。

何卒、当団体の活動にご賛同賜り、ゴルフ関係団体の皆様と手を携えて参りたく存じますので、ご支援、ご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。




                                                         特定非営利活動法人ジュニアゴルフ情報
                                                                   理事長 秋  M 直 博